アイドルマスター シンデレラガールズ劇場3rd 第7話(33話) 感想:食べ物への感謝忘れがちだけど大事!

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場3rd 第7話
@runburse 2018-08-14 21:54:26

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3rd SEASON 第33話「ようこそおいかわ牧場へ」

@KKP16 2018-08-14 21:54:47

牛さぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!

@SekkyCos 2018-08-14 22:00:01

でかい!!説明不要!!
喋り方がアーニャみたいになってるぞ!!

@musyamango 2018-08-14 21:54:35

になちゃん牛着ぐるみ可愛い

@naogiza 2018-08-14 21:54:40

牧場は臭い(過酷な現実)

@hocmiki 2018-08-14 21:54:43

おいかわ牧場で一日体験

@53bcShinji 2018-08-14 21:57:04

ニナチャーンの牛コス きゃわいすぎるのだ・・

@rinkatsudou 2018-08-15 01:02:06

@JorujiF 2018-08-14 21:54:48

さっきの牛が肉に・・・

@nya_kuu 2018-08-14 21:58:12

ありがとうございます









@anime1800 2018-08-14 21:54:49

牛の世話してからのバーベキューって

@jangoro814 2018-08-14 21:54:49

牧場でバーベキュー食べるのか…

@m_pie_cap 2018-08-14 21:54:49

でかい

@sisu_till 2018-08-14 21:55:35

牛さんのお世話をした後に牛さんを食べる

@gundress 2018-08-14 21:55:16

牛の世話から即BBQはなかなかの…

@usa_tongue 2018-08-14 21:55:21

うしさんのきもちになるですよ

@yukineko01 2018-08-14 21:55:22

牛だったものをその日に。

@Y_l0x 2018-08-14 21:55:41

前の提供とフォントが同じだ

@izuusami 2018-08-14 21:55:54

乳牛だけでなく肉牛も飼育してるのか?

@GN1000 2018-08-14 21:56:06

常に全ての食べ物に感謝の気持ち





@moto_P 2018-08-14 21:56:10

NHKの教育番組かな?

@m_pie_cap 2018-08-14 21:56:28

ライブ

@seto_tomoya 2018-08-14 21:56:29

うしさんのきもちになるですよーー

@m_pie_cap 2018-08-14 21:56:44

等身が

@rgm_89jyegann 2018-08-14 21:56:31


良い話しだな…
色々と共通する話しだよね

@Y_l0x 2018-08-14 21:56:58

最初から最後までキラキラした目

@k_inzaghi 2018-08-14 21:57:17

牛小屋はほんとにくせぇぞ(台無し

@chikuna 2018-08-14 22:00:16

なつっこカット?

@tsukkun_jikkyo 2018-08-14 21:57:15

EDカット……だと……!?

@JorujiF 2018-08-14 21:57:20

お肉わけたらウシさん死んじゃうよね・・・

@yaginudie346 2018-08-14 21:57:59

神回だった。

@aoitsuemoto 2018-08-14 21:58:38

ありすちゃんのタブレットのロック画面がタブレットに元々入っていたデフォルトのものみたいだったのがなるほど……勉強になる!

@xlily_kax 2018-08-14 21:59:01

ありすちゃん可愛かったなぁ🍓

@yuichiro_nkym 2018-08-14 21:59:24

おいかわ牧場がテーマのお話か。もしやありす限定SSRにつながるエピソードだったりして?


『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場3rd 第7話(33話) 感想:食べ物への感謝忘れがちだけど大事!』へのコメント

  1. 1
    ごりりんまんEX 2018/08/15 12:27 ID:cd29ba87b 返信

    本当雫ちゃんいい娘やな( ^ω^)ペロペロペロペロペロペロペロペロ
    爆乳でここまで奇麗な心を持ってるからな( ^ω^)ペロペロペロペロペロペロペロペロ
    今回の件で結構好きになったわ( ^ω^)ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ